トップページ

記事一覧

アイキャッチ教員・教職志望の方

【高校教員向け】準備しておくと安心!二者面談・三者面談に使える資料&準備【22選】

高校では、二者面談や三者面談が毎年行われます。その際、どのような資料を準備しておくべきか整理しておきたい先生方も多いでしょう。今回はこれまでの実践の中で準備しておいてよかったものを22個紹介していきます。当たり前のものから、「これは!?」というものまで紹介していますので、気になるものをぜひチェックしてみてください。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【学年単位に最適!】ROUNDUP関数で簡単にグループ割り振りを行おう。【Excel活用】

教育活動を進めていると、たくさんの人数をグループ分けする場面があります。例えば、「探究活動の成果発表会で各ブースに生徒を分ける」「1年生〜3年生までを2人ずつ合わせて6人グループをつくる」などです。このような人数が何百人単位になるときは、ExcelのROUNDUP関数を使って簡単にグループ分けをしましょう。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【中高教員向け】半構造化面接法を活用し、目的に応じた効果的な三者面談を行おう!

中学校・高校では、多くの学校で三者面談が行われます。担任が初めての先生からすると、その進め方に不安に感じるでしょう。三者面談は、「目的と内容を明確にする」「家庭ごとに臨機応変に対応すること」が大切です。今回の記事では面接手法の一つである「半構造化面接法」に着目し、三者面談をよりよくするための方法を紹介していきます。

アイキャッチ教員・教職志望の方

校内研修にも使える!自分の強みを知って、学校運営に活かそう。【強みを見つるワーク3選】

職員室を見渡すと、授業が上手い、分掌業務が正確、生徒の支援が適切など、一目置かれている先生方がいます。教員の仕事はオールマイティさが求めらる一方で、自分の強みを活かして業務の先頭を走るスキルも必要です。今回は、そのための「自身の強み」を発見する方法を紹介していきます。校内研修でも使えますので、ぜひお試しください。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【教員向け】優先順位がカギ!業務効率と職能成長に向けた仕事の捉え方を知ろう。

教職は多忙です。一方で、これからの時代を生きる生徒のために、教育観をアップデートすることも必要です。学びの時間を生み出すために必要な視点は、業務の優先順位を決めること。そこで今回紹介をするのは「緊急でなく重要なこと」に時間をかける視点です。仕事を適切に分類することで、より質の高い業務に集中していきましょう!

アイキャッチ教員・教職志望の方

【効果的に活用する】授業評価アンケートは、年度当初に必ず確認しよう!

毎年行われる授業評価アンケート。実際のところ形骸化してしまっていませんか?今回は、業務負担にも感じられる「授業評価アンケート」を効果的に活用するヒントを紹介します。意味のあるものにすれば、自身の授業力向上に役立つ授業評価。事前(項目確認)→実践(授業)→事後(振り返り)のサイクルで授業改善を進めていきましょう。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【教員向け】業務を大幅に改善する!ChatGPTのプロンプトを自分好みに創り上げよう。

現在、生成AIの進歩が凄まじいです。しかし、教育現場は時代の流れを後ろから追っているのが現状です。未来の社会を創る若者たちが、学びの時間を一番費やす場所が学校。教員が率先して新しい技術に触れることが大切です。今回は、生成AIの代表格ともいえるChatGPTを活用した業務改善の方法を紹介していきます。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【業務改善】ChatGPTを活用して、三者面談の予定表を作成しよう!

新年度や長期休業前、大学受験前など、三者面談を実施する学校は多いと思います。三者面談の日程を組むには、希望日の調査、日程調整、日程の連絡とそれなりに時間がかかります。今回は、ChatGPTを活用して日程作成を自動化する方法を紹介します。ICTが得意でない人でも一から説明していますので、ぜひ最後までご覧ください。

アイキャッチ高校生の方

【なぜ学ぶのか?】幸福を掴むための人的資本。高校生が学校で身につけたい学び3選!

誰しもが一度は考えたことがある「なぜ学ばなければならないのか?」シリーズ第5弾。今回は、幸福になるための土台の一つである「人的資本」に着目して学ぶ意義を考えてみたいと思います。人的資本の増加は、学びと直結します。学校の学びを教科学習・探究学習・受験勉強の3つの視点に分けて、人的資本を高めるためのポイントを紹介します。

アイキャッチ高校生の方

【高校生向け】BYODの一人一台端末は何にする?各OSのメリット・デメリットを紹介!

GIGAスクール構想により一人一台端末が当たり前になりました。自治体によっては、設置者負担ではなく保護者負担による端末購入のケースもあります。より高度な学習となる高校生は、パソコンの購入がおすすめ。今回の記事では、Mac OS・Windows・ChromeOSの3つについて、メリット・デメリットを紹介していきます。