教員・教職志望の方

教員の方向けに日々の業務や生活に役立つ情報を発信しています。
これから教職を目指す学生の方にもスタートダッシュに向けた情報を提供します!

アイキャッチ教員・教職志望の方

【中高教員向け】半構造化面接法を活用し、目的に応じた効果的な三者面談を行おう!

中学校・高校では、多くの学校で三者面談が行われます。担任が初めての先生からすると、その進め方に不安に感じるでしょう。三者面談は、「目的と内容を明確にする」「家庭ごとに臨機応変に対応すること」が大切です。今回の記事では面接手法の一つである「半構造化面接法」に着目し、三者面談をよりよくするための方法を紹介していきます。

アイキャッチ教員・教職志望の方

校内研修にも使える!自分の強みを知って、学校運営に活かそう。【強みを見つるワーク3選】

職員室を見渡すと、授業が上手い、分掌業務が正確、生徒の支援が適切など、一目置かれている先生方がいます。教員の仕事はオールマイティさが求めらる一方で、自分の強みを活かして業務の先頭を走るスキルも必要です。今回は、そのための「自身の強み」を発見する方法を紹介していきます。校内研修でも使えますので、ぜひお試しください。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【教員向け】優先順位がカギ!業務効率と職能成長に向けた仕事の捉え方を知ろう。

教職は多忙です。一方で、これからの時代を生きる生徒のために、教育観をアップデートすることも必要です。学びの時間を生み出すために必要な視点は、業務の優先順位を決めること。そこで今回紹介をするのは「緊急でなく重要なこと」に時間をかける視点です。仕事を適切に分類することで、より質の高い業務に集中していきましょう!

アイキャッチ教員・教職志望の方

【効果的に活用する】授業評価アンケートは、年度当初に必ず確認しよう!

毎年行われる授業評価アンケート。実際のところ形骸化してしまっていませんか?今回は、業務負担にも感じられる「授業評価アンケート」を効果的に活用するヒントを紹介します。意味のあるものにすれば、自身の授業力向上に役立つ授業評価。事前(項目確認)→実践(授業)→事後(振り返り)のサイクルで授業改善を進めていきましょう。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【教員向け】業務を大幅に改善する!ChatGPTのプロンプトを自分好みに創り上げよう。

現在、生成AIの進歩が凄まじいです。しかし、教育現場は時代の流れを後ろから追っているのが現状です。未来の社会を創る若者たちが、学びの時間を一番費やす場所が学校。教員が率先して新しい技術に触れることが大切です。今回は、生成AIの代表格ともいえるChatGPTを活用した業務改善の方法を紹介していきます。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【業務改善】ChatGPTを活用して、三者面談の予定表を作成しよう!

新年度や長期休業前、大学受験前など、三者面談を実施する学校は多いと思います。三者面談の日程を組むには、希望日の調査、日程調整、日程の連絡とそれなりに時間がかかります。今回は、ChatGPTを活用して日程作成を自動化する方法を紹介します。ICTが得意でない人でも一から説明していますので、ぜひ最後までご覧ください。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【人数も自由】Excelで簡単!自動でランダムにグループ分けをしよう。

授業でグループ学習を行っている先生は多いですよね。ただ、番号順や教室の座席配置だと、いつも同じメンバーで学習をすることに。すると、人間関係が固定化される、多様な意見を聞く環境ができない、仲良しグループで活動がマンネリ化するなどのデメリットもあります。今回は、Excelで簡単にグループ分けが作成できる方法を紹介します。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【教員の仕事管理術】余裕を持ったタスク管理で本質的な仕事をしよう!

教職にはさまざまな業務があり、その多忙さが問題として取り上げられています。業務改善には「国や自治体が推進していくもの」「管理職が学校単位で進めるもの」「個人が工夫をして取り組んでいくもの」があります。今回は、今すぐ始められるる業務改善として、タスク管理の方法について紹介をします。

アイキャッチ教員・教職志望の方

【年度始め】振り返りがポイント!協働学習を深めるための人間関係づくりをしよう。

協働学習のために取り入れるグループ活動。でも実際に行うと、おしゃべりで終わったり対話が深まらなかったりすることも。これは、グループ学習の取り組み方が分からない、そもそも人間関係ができていない場合があるのです。今回の記事では、協働学習を効果的に進めるための人間関係づくりワークと教科学習に活かす振り返りについて紹介します。

アイキャッチ教員・教職志望の方

割合だけではもったいない?アンケート結果を分析して教育効果を高めよう!【量的データ編】

学校現場ではたくさんのアンケートが実施されます。しかし毎年の業務として機械的に処理し、その分析まで行えていないことも珍しくありません。意味のないアンケートほど教員の負担感の増加や回答者である生徒や保護者の時間を奪うものはないでしょう。今回の記事では、Excelの統計処理を用いた教育効果の分析について紹介します。